副業・兼業 時間外労働・休日労働に関する協定

〈副業・兼業の促進に関するガイドラインQ&A〉

 

副業・兼業を行う労働者について、自社で法定外労働発生する場合「時間外労働・休日労働に関する協定の締結に当たって時間外労働をさせる必要のある具体的事由としては「副業・兼業」と記載ればよいの か?

 

「時間外労働・休日労働に関する協定」の締結に当たっては、時間外労働をさ せる必要があるのが副業・兼業を行う労働者であるかどうかにかかわらず自社 において「時間外労働させる必要のある具体的事由」として、具体的な時間外労働の事由を記載していただく必要があります。