11-18-2022
立替払を受けることができる方は、労働者として雇用されてきて倒産に伴い退職し、未払賃金が残っている方であり、国籍やパートタイム労働者、アルバイトなど正規・非正規社員などを問わず対象となります。 但し、法人登記簿に登記されている役員で役員報酬を受けていた方など労働者でない方は対象となりません。
11-18-2022
パート、アルバイトの方も、労災保険給付を受けることができます。 また、給付内容は正規雇用者と同様です。...
11-17-2022
通勤手当の非課税限度額については、日割額ではなく月額で判定します。...
11-17-2022
パート や アルバイト に、給与を支払う際に源泉徴収する税額は、一般の社員と同様に「給与所得の源泉徴収税額表」の「月額表」または「日額表」の「甲欄」または「乙欄」を使って求めます。...
11-17-2022
所得税及び復興特別所得税の確定申告又は年末調整で生命保険料控除、地震保険料控除又は寄附金控除などの適用を受ける場合には、従来、保険会社又は寄附金の受領者等(以下「保険会社等」といいます。)から書面により交付を受けた控除証明書など収集・保管し、申告書に添付等する必要がありました。...
11-17-2022
【問1】従業員Aから質問があったのですが、Aが扶養している母親の収入の内訳が、パート収入70万円、遺族年金80万円である場合、扶養親族の判定上、この遺族年金はどのように取り扱われるのでしょうか?
11-17-2022
給料や報酬などについて源泉徴収をした所得税及び復興特別所得税の納期限は次のとおりです。 ○ 納期の特例の承認を受けていない場合     給料や報酬などを支払った月の翌月10日 ○ 納期の特例の承認を受けている場合(給与など特定の所得に限ります。)  1月から6月までの分・・・7月10日  7月から12月までの分・・・翌年の1月20日
10-11-2022
令和5年 10 月1日から、複数税率に対応した消費税の仕入税額控除の方式として、インボイス制度(適格請求書等保存方式)が開始されます。インボイス制度の下では、税務署長に申請して登録を受けた課税事業者である 「インボイス発行事業者」(適格請求書発行事業者)が交付する「インボイス」(適格請求書)等の保存が仕入税 額控除の要件となります。...
10-05-2022
シフト制で働く場合でも、労災保険の給付の対象となります。また、労働時間などの要件を満たせば、雇用保険や健康保険・厚生年金の被保険者となります。
10-05-2022
期間の定めがある労働契約(有期労働契約)の場合、会社はやむを得ない事由がなければ、契約期間の途中で労働者を解雇できません。また、期間の定めがない場合でも、客観的に合理的な理由等がなければ解雇できません(労契法第17条第1項、第16条)。...

さらに表示する